メニュー

第4597号

物流コスト割合は緩やかながら上昇基調
   16年度「大手荷主の物流コスト調査」

SBSHDが野田市で23万平米の大規模拠点開設へ

SBSホールディングス(本社・東京都墨田区、鎌田正彦社長)は千葉県野田市で大型物流センター2棟を開設する。新拠点は「野田瀬戸センター」(仮称)とし、倉庫規模は各棟が延床面積11万5000平米に上る。敷地面積は13万2400平米で、既に購入契約済み。1期棟は2020年の完成を予定し、2期棟は22年の竣工となる見込みだ。

国交省がドローンポート実験を9月実施

国土交通省は18日、物流用ドローンポート連絡会(鈴木真二座長・東京大学大学院教授)の第4回会合を開催し、今年度1回目となる検証実験を、9月上旬に長野県伊那市で実施することを決めた。実験の主な目的は、ドローンポートによる機体姿勢の制御機能の検証と、クラウドシステムの機能検証の2点とした。 実験では、ドローンポート内

◆…SBSHD/18年度2Q、減収減益も物流事業は堅調
◆…ヤマト運輸が水上バスで「客貨混載」実験
◆…丸運が全額出資のベトナム法人設立
◆…インタビュー 澁澤倉庫 代表取締役社長 大隅 毅氏
           リアクティブからプロアクティブへ
◆…味の素AGFが賞味期限「年月日」から「年月」へ
           フードロス削減と物流効率化に貢献
◆…4~6月期の景況感は▲19・2=全ト協
             「宅配貨物」の営業利益が悪化
◆…全ト協が18年度税制改正・予算関連で要望
◆…トラックの労基法違反83%、厚労省が監督指導状況を公表
◆…特積みは7ヵ月連続プラス=国土交通経済5~6月
◆…JR貨物/7月輸送動向、運休増でコンテナ0・2%増
◆…丸全昭和運輸が本牧B8埠頭に営業所を移転
◆…DHLグループがバルチラ社の倉庫でロボット導入
◆…気象協会がPOSデータを活用し商品需要予測を高度化
◆…求車14ヵ月連続プラス、33%増=WebKIT/7月確定値
◆…都道府県別の最低賃金額が決定、全国平均は25円上昇の848円
◆…物流連の「業界インターンシップ」、9月4~8日に開催
◆…ベトナム人整備士を育成=彌生ヂーゼル工業