メニュー

第4556号

ヤマト「働き方改革」で労使合意、6月から時間帯指定見直し
  運賃値上げは4月中にも“手法”を含め結論、一部商品廃止も

味の素物流「リレーライナー」2台目の運行開始、中継輸送拡大

味の素物流(本社・東京都中央区、田中宏幸社長)は9日から、リレー輸送用のトレーラの「リレーライナー」の2台目の運行を開始した。味の素グループの関連商品の在庫移動として、鈴鹿営業所(三重県鈴鹿市)と尾島営業所間(群馬県太田市)で中継輸送を行うもの。1台目と同様、味の素物流の静岡営業所を中継拠点とし、東海エース物流と関東エ

ズームアップ 安川ロジがダイバーシティ推進

安川ロジステック(本社・北九州市小倉北区、小関幸治社長)ではダイバーシティを推進している。女性社員のキャリア形成や活躍推進を経営課題と位置付け、社長を委員長とする「ダイバーシティ推進委員会」を設立。トップによる全社員との対話集会、管理職・女性社員合同の「ポジティブ・アクション研修」など多様な研修による意識改革などの取り

◆…運輸労連/春闘はヤマト、トナミ、エスラインギフが大幅増
    約半数がベア実施、一時金は前年水準での妥結目立つ
◆…日通が「小牧GLC」でMRJ生産をサポート
◆…センコーがHD体制移行後の新体制を発表
    センコーグループHDとセンコーの社長は福田泰久氏
◆…センコーがJX金属から日本マリンと栄吉海運を譲受し子会社化
◆…国交省が過積載対策強化、違反トラックと荷主の“紐付け”も
    違犯車から荷主情報を収集、荷主勧告制度に反映も
◆…JOTが国際輸送用ISOタンクコンテナで断熱性向上タイプ投入
◆…近鉄エクスのメキシコ現地法人が中西部エリアに新拠点
◆…NACCSセンター、CY搬出入業務のトラフィック数が過去最高
◆…富士ロジ・エンジニアリングがメカトラックスと資本提携
◆…GROUNDと大和ハウスが業務提携、次世代物流センター共同開発
◆…求車9ヵ月連続プラス、高需要続く=WebKIT/2月
◆…特積みトラック2ヵ月連続増加、鉄道コンテナ2ヵ月ぶり増加
           =国土交通経済12~1月の概況
◆…ESRが「ESR尼崎ディストリビューションセンター」開発
◆…日本一安全な会社へ「安全初夢大会」=アサヒロジスティクス
◆…貨物事業の売上13・2%減の200億香港ドル=キャセイ16年度決算
◆…物流連が「物流環境対策委員会」、17年度活動計画を決定
◆…日立物流が今年8月以降に本社を中央区京橋に移転
◆…星野良三・全ト協会長の『傘寿の会』がなごやかに
◆…東京都が五輪・パラリンピックの輸送や交通状況で意見募集