メニュー

第4565号

日本HPが生産・物流拠点を「MFLP日野」に統合
   最新鋭の物流施設を活用した「東京生産」、新たなステージへ

日本HPが生産・物流拠点を「MFLP日野」に統合

日本HP(本社・東京都江東区、岡隆史社長)では昨年6月から、生産と物流を統合した「日本HP東京ファクトリー&ロジスティックスパーク」(東京都日野市)を本格稼働させた。三井不動産が開発した「MFLP日野」の3階部分約1万8000平方mを賃借し、旧昭島工場を移転するとともに、2ヵ所の物流拠点も統合。同社が掲げる「東京生産」

佐川急便/北越急行が「貨客混載列車」の運行開始

佐川急便(本社・京都市南区、荒木秀夫社長)と北越急行(本社・新潟県南魚沼市、渡邉正幸社長)は18日、貨客混載列車の本格的な運行を開始した。運行区間は、北越急行が管轄するほくほく線の六日町駅~うらがわら駅(46・8km)で、平日1往復の貨物輸送を行う。主に、佐川急便の上越営業所と六日町営業所間の移動に利用する。 佐

UPSが集配車にビーコン設置、貨物の積み間違い防止

米UPSは19日、積み荷係が貨物を間違った集配車に載せた際に電子ビーコンが通知する「プリロード・スマートスキャン」を開発し、集配車に設置した、と発表した。貨物処理業務のエラー防止による配達精度と顧客満足の向上が目的で、「プリロード・スマートスキャン」を導入することで貨物の積み間違いが70%削減できる試算。2017年内に

◆…ヤマトHDが社員4万7000人に一時金190億円支給へ
    労働実態調査の概要公表、今後は「働き方改革を経営の中心に」
◆…物流の課題解決とシステムの強化・高度化へ
       第4回「物流施策大綱」検討会を開催=国交省
◆…経産省がコンビニに電子タグ導入で合意
◆…日本郵便が今年9月に大型拠点「神奈川西郵便局」開設
    延床面積4万2000平米、物流ソリューション業務も提供
◆…築港がベトナムでフォワーディング事業の現法設立へ
◆…DHLサプライチェーンが倉庫内協働ロボットの実験開始
◆…NACCSセンターが通関・保税業者向けにデータ分析サービス
◆…物流17業種総市場、16年度は20兆円を下回る=矢野経済
◆…GLPがマルチテナント型の「GLP川島」を竣工
◆…関西・堺エリアで11・6万平米の大型施設を竣工
          =ラサール/NIPPO/三菱UFJリース
◆…CREが「ロジスクエア浦和美園」竣工、最寄駅から徒歩6分
◆…宅配ボックスの設置広がる――再配達削減へ住宅メーカーが本格導入
◆…小型トラック「デュトロ」部分改良=日野自動車
◆…ドラコン優勝者が安倍首相と石井国交大臣を表敬訪問
◆…全ト協青年部会と自民党青年局が意見交換会
◆…「大型トラック免許の受験年齢は当面変わらない」=国交省
◆…全ト協がGマーク申請受け付け、ネット申請にも対応
◆…「大学寄附講座」春学期スタート=物流連
◆…貨眺富営208 中田信哉(神奈川大学名誉教授)
◆…東京団地倉庫が空きスペース・マッチングサービスを展開