メニュー

第4588号

見直される「送料無料」の概念
   消費者の意識にも変化の兆し?
   「送料当社負担」表示は浸透するか

日清食品が即席めん、幹線輸送をパレット化

日清食品(本社・東京都新宿区、安藤徳隆社長)は、「カップヌードル」など即席めんの幹線輸送(工場~営業倉庫)を「バラ積み」から「パレット輸送」に切り替える。即席めんのような軽量商品はトラックの積載効率を上げるため、長い間バラ積みが主流だったが、商品の安定供給を念頭にトラックドライバーの労働環境を改善するため、パレット化に

全ト協が議連に税制改正・予算の要望

全日本トラック協会(坂本克己会長)は10日、自民党トラック輸送振興議員連盟の細田博之会長、赤澤亮正事務局長に対して、2018年度税制改正・予算に関する要望を行った。坂本会長、桝野龍二理事長がトラック運送業界の現状とともに、働き方改革実現のための諸対策に係る補助・助成や高速道路料金の大口・多頻度割引最大50%の継続などの

KONOIKEグループが国際検体輸送を今秋から本格化

KONOIKEグループは今秋をメドに、国際臨床検査事業などを手掛けるJ‐VPD(本社・東京都新宿区、山田哲児社長)と連携した生命検体の国際輸送サービスを本格展開する。KONOIKEグループが輸送に係る物流面を担当し、J‐VPDが検査事業の営業窓口などを担う。まずはインドから血液検体を航空便で日本国内の検査施設へ定温スピ

◆…アイカ工業が「東京品川ベイデポ」を開設
◆…ヤマトHDと中国・京東集団が中国低温輸送網の拡大で提携合意
◆…鈴与が新静岡物流センターを竣工
◆…コンテナ統合会社CEOにニクソン氏就任
     10月に日本で集荷会社を設立=邦船3社
◆… インタビュー 三和倉庫 代表取締役社長 瓜生博幸氏
◆…国交省が輸送網集約事業を物効法認定
◆…25年度を目標に重量車の新燃費基準=国交省/経産省
◆…物流連が海外戦略ワーキングチームを開催
◆…16年のコンテナは2・4%増、内貿は6・2%増と伸長=国交省
◆…特積みの4月は前年並み=国土交通経済4~5月
◆…フルキャストがドライバー専門の人材派遣開始
◆…CREが「ロジスクエア春日部」を着工
◆…川崎陸送 パート感謝デーをホテルで開催