メニュー

第4578号

大口顧客との交渉「何割かは着地点見えつつある」   
  働き方改革「多様な選択肢を柔軟に提供」
  ヤマトHDの山内社長、ヤマト運輸の長尾社長が会見

荷待ち時間30分未満は記録不要に=国交省

国土交通省は5月31日に「貨物自動車運送事業輸送安全規則」を一部改正し、荷主都合による荷待ち時間を記録することを義務付けた。7月1日の施行を前に事業者への周知を図るため、改正規則の運用に関する通達を8日に発出した。それに合わせ全日本トラック協会(星野良三会長)では、ひな型となる荷待ち時間の記録様式を作成し、全国のトラッ

カンダHDが業容拡大に向けM&A推進

カンダホールディングス(本社・東京都千代田区、勝又一俊社長)は今期、中期経営計画(2017年3月期~19年3月期)に掲げる「業容の拡大」や「中部・関西圏の強化」などに引き続き取り組む。とくに業容拡大に向けてM&Aを推進するとともに、中部・関西圏で新物流センターの開設も計画し、中計最終年度の目標売上高500億円達成を目指

「ライドシェアはトラックにも」=交通労連が政策討論集会

交通労連(山口浩一中央執行委員長)は7日~9日まで、東京ベイ有明ワシントンホテルで2017年度第2回中央委員会と全国政策討論集会を開催した。 8日の政策討論集会の開会に際し、山口委員長は働き方改革について「1990年にトラック業界では規制緩和が実施されたが、現在も業界には長時間労働や適正運賃収受などの多くの課題が

◆…ロジネットジャパンが長距離幹線輸送で新サービス
◆…サンリツが17年度決算説明会、梱包事業で増収増益見込む
◆…コープみらいが早朝宅配を開始、「逆転の発想で」
◆…日通がミャンマーに多機能倉庫、アパレル、化学品にも対応
◆…5月の宅急便は7・3%増の1億4900万個
◆…国交省が自動運転の実験加速へ
◆…求車35%増、12ヵ月連続増=WebKIT/5月速報値
◆…インタビュー 日本コンテナ輸送 社長 土屋廣明氏
◆…NTTロジスコの新社長に東明彦常務が昇格
◆…濃飛倉庫運輸がAEO通関業者に認定
◆…危コン協が安全帯取り付け設備の設置を要請
◆…国交省がフレキシタンクの安全確保策を検討
◆…CTTが門司でSUSタンク10基増設
◆…総会 ▽JAFA▽JIFFA▽東倉協▽埼ト協▽神ト協▽JACIS
◆…GLPが五霞で14万平米の施設着工
◆…CPDが厚木で大型物流施設を着工
◆…鴻池運輸がフォークリフト競技大会を開催
◆…危険物施設の事故、依然高水準=消防庁