メニュー

第4584号

全ト協の新会長に坂本克己氏が就任
   通常総会を開催、「ドライバーの幸せが最重要」

運賃値上げ傾向鮮明に=日通総研短観

日通総研が6月初旬に行った「企業物流短期動向調査」(日通総研短観)の速報値によると、一般トラック運賃指数の7-9月見通しが「+21」まで上昇し、値上げ傾向が鮮明になってきたことが分かった。また、製造業・卸売業など荷主企業の荷動き指数も7-9月見通しで「+7」となり、3年半ぶりにプラスに転換した。日通総研の佐藤信洋プリン

「日本企業の力を結集、解決へ」=JADMA総会

日本通信販売協会(JADMA、阿部嘉文会長)は23日に定時総会を開催し、理事会で承認済みの2016年度の事業報告と17年度の事業計画が了承された。物流委員会では16年度と同様に、年2回程の委員会開催と物流センターなどの見学会、ワークショップを通して、梱包・緩衝材の最適化や宅配業者の運賃交渉といった情報交換を行っていく方

日本自動車ターミナルが板橋ターミナルを再開発へ

日本自動車ターミナルは6月26日の定時株主総会後に会見を開き、板橋トラックターミナル(板橋区高島平6‐1‐1)全体の再開発計画を策定することを発表した。再開発工事は2021年から着手し、7~10年かけて全体の改修を完了する予定。 同ターミナルは1970年10月の供用開始から47年が経過。施設の老朽化とともに、地下配送

◆…国交省が新物流大綱案を閣議提出へ
◆…「トラックは生産性向上を」=国交省・藤井自動車局長
◆…働き方改革連絡会議が初会合、トラックの長時間労働の是正目指す
◆…時代に即したロジ普及推進=JILS/総会
◆…17年度国内貨物、0・3%減=日通総研「貨物輸送の見通し」改訂
◆…日本通運が「アロー便」運賃を9・7%値上げ
◆…日本自動車ターミナルの新社長に元・都副知事の秋山氏
◆…日本通運が定温・国際航空輸送を拡充
◆…日本通運が内航サービスを拡大
◆…三菱倉庫が川崎市に再生・細胞医療向け拠点
◆…丸紅ロジが通関子会社を合併
◆…DTホールディングス/決算、売上高2・8%増の1093億円
◆…食品8社が荷主現場での荷役災害防止へ
◆…PALTEKがアルプス物流に物流業務委託
◆…「ブランディア」運営会社が宅配分散化でエコ配への委託開始
◆…東芝ロジがAEO通関業者に
◆…関東運輸局が「物流の魅力発見シンポジウム」開催
◆…佐川急便が「ドライバーコンテスト」開催
◆…濃飛倉庫運輸の新社長に尾関圭司専務が就任
◆…JR東日本物流の新社長に唐澤朝徳常務が就任
◆…東京流通センターの新社長に小野真路・三菱地所顧問が就任
◆…NACCSセンターの新社長に服部剛氏が就任
◆…プロロジスがアパレルECと賃貸契約
◆…「物流」が小中学校の教科書に、文科省が学習指導要領解説を公表
◆…5月の軽油は82円81銭=全ト協調査
◆…物流データ 貸切トラック月別営業状況(本紙調査)