メニュー

カーゴニュース 最新号の主な内容

2019年8月13日 第4790号

今号のトップ記事

国交省、トラック「5台割れ」対策を強化
  参入後の減車を「事前届出」から「認可」に格上げ


今号の公開記事はこちら

国交省、トラック「5台割れ」対策を強化

国土交通省は11月1日から、トラック運送事業者の〝5台割れ〟対策を強化する。事業計画変更で営業所に配置する車両数を減車する場合、従来は「事前届出」で済んでいたものを、法令遵守が十分でない事業者などを対象に「認可」制にハードルを引き上げる。これにより、新規参入時の基準である「保有台数5台」の維持徹底を図るとともに、むやみ

ホクレンが新幹線高速化で危機感を表明

ホクレン農業協同組合連合会(ホクレン、内田和幸理事会長)は7日、都内で記者説明会を開催し、北海道農業における物流面での課題や今月29日に北海道斜里町の「中斜里製糖工場」で実施する大型トラック実証実験の概要、北海道農業の歴史や現況について説明した。 冒頭、内田理事会長(写真)は「ホクレンは7月18日で創立100周年


その他、以下の記事を掲載しています

◆…荷主と事業者の連携を促していく=国交省・藤田事務次官会見
◆…7月の成約運賃指数は「124」=全ト協/日貨協連
◆…アイカ工業が東北向け中継拠点「福島デポ」開所
◆…7月の宅急便は0・1%増の1億7861万個にとどまる
◆…セイノーHDが長崎市に新技術の開発拠点
     BRAIS活用によるソリューション開発へ
◆…名港海運が最大規模の物流センターを29日竣工へ
           自働化設備導入により省人化
◆…JR貨物が18年度の「貨物駅ベスト20」を発表
◆…SBSリコーロジが福岡アイランドシティに拠点開設
◆…シンクロジがマースクの積込ヤード運営に参画
◆…資源エネルギー庁がコンタミ事故防止でマニュアル策定
◆…住友ゴム/19年12月期2Q、タイヤ事業は増収も為替要因などで減益6
◆…「運輸・倉庫」の景気が3期連続で悪化=帝国データ
◆…貨眺富営236 「どんでん返し」 中田信哉
◆…物流データ 中堅倉庫の月別営業状況【本紙調査】

カーゴニュースの購読お申込みはこちら

編集部からのお知らせ

カーゴニュース バックナンバー

書籍のご案内

インフォメーション