メニュー

カーゴニュース 最新号の主な内容

2018年8月14日 第4693号

今号のトップ記事

五輪に向け「TDM推進PJ」が発足
   物流面で荷主の理解と行動を要請=東京都


今号の公開記事はこちら

「農産物パレット推進協議会」が設立

農産物の一貫パレチゼーションによる循環モデルを構築し、物流の効率化とトラック運送事業の働き方改革実現に資することを目的に「一般社団法人農産物パレット推進協議会」が1日、設立された。農産品物流対策関係省庁連絡会議で示された「農産物の一貫パレチゼーションの実現方策について」に即し、東京青果(本社・東京都大田区、川田一光社長

センコーとランテックが「加須PDセンター2号倉庫」竣工

センコー(本社・大阪市北区、福田泰久社長)は9日、2016年11月に開設した「加須PDセンター」(埼玉県加須市)の敷地内に「2号倉庫」と「危険物倉庫」を新設した。2号倉庫は常温エリアをセンコーが、冷凍冷蔵エリアをランテックが運営するグループ初の共同施設。これにより、加須PDセンターの総延床面積は10万2631㎡となり、


その他、以下の記事を掲載しています

◆…トラックの労基関係法違反は8割超=厚労省
◆…東北運輸局がフェリーへのシフトを物効法認定
◆…アルプス物流がタイ・バンパコンに新倉庫を建設
◆…ロジネットジャパンが「ロジネットジャパン東日本」設立
◆…ヤマト運輸が福井鉄道の路線バスで客貨混載
◆…インドの農産物を新鮮なまま世界へ=川崎陸送
◆…インタビュー 日本石油輸送社長 原 昌一郎氏
              安全・安定輸送の確保が使命
◆…兵機海運が姫路初の危険物倉庫を9月稼働へ
◆…EUROTAINERが蘭タンクリースTML社を買収
◆…セイノー情報サービスがAI活用で物流業の生産性向上
◆…全ト協、通運連盟が「激甚災害融資」の公募開始
◆…ラサールが新守谷物流センターを9月着工へ
◆…“両手で測る”画期的な体組成計発売=タニタ
◆…住友ゴム/18年12月期2Qはタイヤ事業堅調で増収増益
◆…過大請求問題で国交省がヤマト子会社に立入検査
◆…全ト協の坂本会長が豪雨被災3ト協を訪問
◆…Amazonが物流博物館に展示協力
◆…物流施設、空室が長期化する物件も=C&W

カーゴニュースの購読お申込みはこちら

編集部からのお知らせ

カーゴニュース バックナンバー

書籍のご案内

インフォメーション