メニュー

カーゴニュース 最新号の主な内容

2019年6月20日 第4775号

今号のトップ記事

フォークマンが集まらない!
   “稼げるドライバー”に回帰する動きも?


今号の公開記事はこちら

フォークマンが集まらない! “稼げるドライバー”に回帰する動きも?

物流センターなどでフォークマン不足が顕在化し始めている。トラックドライバーの賃金が上昇していることから、もともとトラックの免許を保有しているフォークマンがドライバーに転職を希望するケースもあるようだ。一方で、ドライバー不足への対応やドライバーの安全確保のため、従来ドライバーが行っていた物流センターでの積み下ろし作業をや

日貨協連がロボット点呼機の取り扱い開始

日本貨物運送協同組合連合会(日貨協連、吉野雅山会長)は17日、販売事業で初となるAIロボット点呼機器とAED(自動体外式除細動器)の発売を開始した。ロボット点呼機は7月日31日まで先行予約価格でレンタルを行う。当面は100台の成約を目指す。AEDは一部大手事業者による自社車両への搭載も始まっている動きを見据えながら、会


その他、以下の記事を掲載しています

◆…三菱倉庫が中外製薬の物流業務を受託
◆…日立物流とGROUNDがECセンター構築などで協業
◆…ケース積付作業の自動化で協業=PALTAC/MUJIN
◆…ドローンで離島へ商用配送=楽天/西友
◆…ラストワンマイル協組が水配送専用の新サービス開始
◆…ゼロがメルカリと業務連携
◆…Amazon Alexaで宅急便の日時変更が可能=ヤマト運輸
◆…郵船ロジがラオスコーヒーの輸出促進で提携
◆…7月から敦賀~博多をデイリー化=近海郵船
◆…福岡運輸が鶴ヶ島配送センターを7月に開設
◆…日陸が特定保税承認者に承認
◆…連載 “ドレージ危機”海コン業者の生き残り戦略〈VOL.2〉吉田運送
◆…モーダルシフトの一層の推進と定着を=通運連盟/総会
◆…3月の特積みは3ヵ月ぶり減少=国土交通経済3~4月
◆…消防庁が危険物施設の風水害対策で検討会
◆…日野自動車が最新の安全技術を公開
◆…運輸・倉庫のBCP策定割合は16・4%=帝国データ
◆…繁忙期の集中緩和へ顧客の理解進む=アートコーポ
◆…矢吹海運がAEO運送者に=東京税関

カーゴニュースの購読お申込みはこちら

編集部からのお知らせ

カーゴニュース バックナンバー

書籍のご案内

インフォメーション