メニュー

カーゴニュース 最新号の主な内容

2019年5月16日 第4765号

今号のトップ記事

G20交通規制、物流への影響は…?
   検問で貨物の開封、遅延も懸念


今号の公開記事はこちら

共同物流が首都圏物流センターを本格稼働

共同印刷グループの共同物流(本社・埼玉県越谷市、新島貞次社長)はGW明けの7日から、埼玉県越谷市の「首都圏物流センター(写真)」を本格稼働させた。同センターは、共同印刷の越谷工場を再開発したもので、3月28日に竣工した。グループ各社の梱包、輸送、保管などの物流業務を手掛ける共同物流の本社を移転させたほか、既存の「浦和物

トナミHD/18年度は運賃改定効果発揮し、最高益を更新

トナミホールディングス(本社・富山県高岡市、綿貫勝介社長)が10日に発表した2019年3月期の決算は、運賃改定交渉や生産性向上などが奏功し、過去最高益を更新した。これを受けて、今期の業績予想では中期3ヵ年経営計画最終年度に掲げる利益目標を、1年前倒しで達成する見通し。同日に本社で会見した綿貫社長(写真)は「値上げ交渉が


その他、以下の記事を掲載しています

◆…ゆうパック7・6%増の9億4221万個=18年度の郵便・荷物
◆…ヤマト運輸/4月の宅急便、4・5%増の1億3778万個に
◆…鉄道+タクシーの貨客混載が物効法認定=佐川急便/JR北海道
◆…19年3月期決算 
     ▽セイノーHD▽トナミHD▽近鉄エクス
     ▽丸運▽福山通運▽山九▽エスライン
     ▽岡山県貨物運送▽ケイヒン▽丸全昭和運輸
     ▽日本石油輸送▽上組▽東陽倉庫▽名港海運
◆…名港海運の髙橋専務取締役が社長に昇格
◆…日貨協連がWebKIT2の供用開始
◆…18年度は三菱倉庫と名鉄運輸が入会=Fitシステム協/総会
◆…大和物流が柏IC物流センターを11月から稼働
◆…三菱倉庫が関空でCEIV Pharma認証取得
◆…伊香保温泉で手ぶら観光支援=ヤマト運輸ら
◆…福岡運輸HDが26年に冷凍冷蔵倉庫建設へ
◆…AEO制度利用促進で9項目を要望=関税協会
◆…CPDが枚方でマルチ型物流施設を開発
◆…ZOZOが取扱増見込み「バイト改革」始動
◆…収納サービス市場は743億円超に=矢野経済研究所
◆…日台AEO相互承認、22日から=財務省・税関

カーゴニュースの購読お申込みはこちら

編集部からのお知らせ

カーゴニュース バックナンバー

書籍のご案内

インフォメーション