カーゴニュース 1969年創業物流情報の専門誌
お問合せ トップページ
カーゴニュース定期購読のご案内
カーゴニュース 書籍のご案内 映像事業 リンク集

pickup3

働きやすい環境づくりと働き方改革で経営の好循環促す=キユーソー流通

バックナンバー   コラム   インタビュー
 
*


働きやすい環境づくりと働き方改革で経営の好循環促す=キユーソー流通

 2016年11月期の決算が大幅増益となった、キユーソー流通システム(KRS、本社・東京都調布市)。得意先別採算管理の徹底やグループ経営体制の確立といった構造改革が功を奏し、連結営業利益率も08年11月期の0・9%を底に毎期着実に回復し、16年11月期には3・2%まで上昇。18年11月期を最終年度とする中期3ヵ年経営計画の利益目標を、1年前倒しで達成する見込みも出てきた。その上で、同社が今注目するのが「働く環境の整備」と「働き方改革」だ。西尾秀明社長は「働きやすい環境と働き方を会社が用意することで社員のモチベーションを向上させ、結果として生産性が上がるというプラスの循環が、業績にも寄与している」と説明する。中期計画最終年度の営業利益が当初目標を上回る可能性も出てきたが、「創出した原資は働きやすい環境づくりに意識的に投資して、将来に渡っての成長を支える基盤を整えたい」と言い切る。

 ●「働き方改革の前に、まずは、働く環境を整備するべき」

 西尾氏が15年2月に社長に就任して、まず着手したのが、新築拠点を除く全営業所のトイレの整備だ。「女性の活躍を推進するには何より重要」として営業所へ指示を出し、休憩所の改修や分煙の徹底、更衣室のリフォームなどを進めた。16年度は各営業所の設備改修費用として約2億円を投じ、KRS拠点ではほぼ整備が完了。今期はさらにキユーソーティス等、グループ会社の現場でも同様の取り組みを進める考えだ。

 昨年10月には、KRSおよびグループ会社4社(キユーソーティス、キユーソーエルプラン、キユーソーサービス、キユーピー流通システム)が本社を集約して調布市内の新社屋へ移転。食堂や休憩室なども豊富に用意し、従業員にとっても働きやすい環境を整えた。各地に分散していた本社機能を統合したことで、グループ連携も強まりつつある。昼食などには会社を超えたコミュニケーションが生まれ、西尾社長も社員とともにランチを取っているという。

 働く環境を整備した上で手を付けたのが、働き方改革。前期から始めた「1人3役運動」は、特定の従業員しか出来ない仕事を減らしてくことを目的としている。そのために、まず自身の仕事内容を積極的に、両隣の人や、仲間に発信・共有していくことで、理解が深まり、効率化が図れ、職場のコミュニケーションも活発になっていく取り組みで、しばしば「業務の平準化」と呼ばれる考え方を、より平易な言葉で表したものだ。物流現場では特定の従業員しかわからない業務が生じており、それが結果的には残業の蔓延に繋がっていた。1人3役運動の浸透で他の従業員が手伝えるようになるほか、お互いの仕事への理解も深まる。営業所によっては残業時間短縮のみならず、有給休暇の取得率も上昇するなど、既に成果が出ているようだ。これらに加えて従業員の健康にも気を配り、今月から一人一人が健康に関する目標を定め、「健康宣言」として自分のロッカーに貼り出すようにした。ジム通いを始める社員も現れはじめ、社内ではにわかに健康への関心が高まっている。キユーソーエルプランが考案して継続してきた「キユーソー体操」もKRSに取り入れ、本社および営業所で朝8時半に皆で体操する習慣を作っている。新社屋の立地は最寄駅から徒歩15〜20分掛かる距離だが、これも「健康経営の一環」だ。

 ●社内の考え方も変革、「荷主にとって物流はコストではなく付加価値」

 社内に対しては物流への考え方の変革も促し、「物流はコストではなく付加価値そのもの」と西尾社長は語気を強める。物流会社が物を動かすことで荷主企業のビジネスを支えており、物流費はコストでなく付加価値の対価。社員には「我々が付加価値を提供していることを荷主企業に堂々と説明していこう」と呼びかける。「物流会社は荷主の言いなりになりがち。相手が荷主であっても、間違いは毅然とした態度で伝えるべき。まず当社が始めることで業界に貢献したいと思った」と西尾社長は話す。社内の意識も徐々に変化しており、業績の成長にも結び付いているという。

 付加価値と言い切るには、担保する品質が重要となる。安全・安心に、間違いなく届けることはなにより大切だが、運ぶ人の意識や姿勢も重要なポイント。「我々はお客様の真心も一緒に運んでいる。気持ちのいい挨拶などほんの少しのことが納品先の印象を大きく変える」と西尾社長は話す。現場を含めた従業員の身なりにも注目し、ネクタイ着用時には全てのボタンを、夏場でも第2ボタンまで必ず締めるよう徹底した。「付加価値にさらに磨きをかけるためにも、社員教育と気持ちよく働ける環境づくりは欠かせない」と西尾氏は強調する。

 (2017年2月21日号)

 

 

富士物流ホームページへ
会社概要 個人情報保護方針 サイトポリシー サイトマップ 採用情報