メニュー

第4627号

AIやIoTで“物流危機”に対応
    急増するベンチャーへの投資

【トラック輸送】中央運輸が全国でGDP対応の医薬品輸送網

中央運輸(本社・東京都中央区、赤澤善博社長)は2019年度を最終年度とする中期3ヵ年経営計画内に、同社および協力会社が全国で運用する医薬品共配センターをGDPに対応させた「メディカルクールターミナル(MCT)」としてネットワーク化し、GDP対応の医薬品保冷配送サービス「ダイレクトクール」を全国展開する。これに先駆け、1

【EC物流】楽天と千葉市が ドローンの宅配利用を目指す

楽天グループでドローン管制システム(UTM)を開発する楽天AirMap(本社・東京都世田谷区、向井秀明社長)は7日、都内で記者会見を開き、ドローン管制システム「AirMap(エアマップ)」の提供を同日から開始したと発表した。会見には、同社の向井社長、同社事業開発部長・陰山貴之氏、同システムを開発した米国Airmap社の

◆…11月の成約運賃指数は「122」=全ト協/日貨協連
◆…三井倉庫HDが新中計スタート、「量から質」に転換
        古賀社長「中身や利益にこだわっていく」
◆…澁澤倉庫とダイドードリンコが来年6月、合弁会社設立へ
◆…日本通運が国内Sea&Railで第2弾を発売
◆…日新が中期計画目標「前倒し達成」へ
◆…福山通運が「福山北流通センター(仮称)」を今月竣工
◆…センコーが広島市に新PDセンターを竣工
◆…ヤマトロジスティクスがフィリップスと協業の検討開始
◆…アイリスオーヤマが米東岸に自動倉庫備えた工場新設
◆…「グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰」が決定
◆…高い求車需要、18ヵ月連続増=WebKIT/11月速報値
◆…富士物流が改善チーム活動全社発表会を開催
◆…トラック、死傷災害年率5%以上減少へ=労政審が計画案
◆…国交省がドローンポートの指針策定へ
◆…国交省がフィリピンと物流政策対話
◆…LEVOが宅配ボックス普及を支援
◆…シルクウェイ・ウエスト航空が関空に就航、日本初の定期便
◆…11月の宅急便取扱個数、5・4%減の1億5122万個
◆…ヤマト福祉財団が「第18回小倉昌男賞受賞式」を開催
◆…丸運がダカールラリー挑戦の「チーム風間」を支援
◆…物流業界の2018年新年会・賀詞交歓会スケジュール