メニュー

第4610号

「時代に対応し、生産性の向上を」と坂本会長
  「自信と誇りを持てる、魅力ある業界に」=全ト協事業者大会

セイノーHDが昭和冷蔵と製氷子会社をグループ化

セイノーホールディングス(本社・岐阜県大垣市、田口義隆社長)は2日付けで、昭和冷蔵(本社・東京都中央区、濱崎俊則社長)と同社グループ会社のショーレイフィット(同)の全株式を取得してグループ化した、と発表した。 昭和冷蔵は1948年1月19日設立で、資本金1億円、売上高15億8100万円、従業員数50人の会社。川崎

JR貨物が「コンテナ輸送品質向上キャンペーン」

JR貨物(本社・東京都渋谷区、田村修二社長)は3日、「コンテナ輸送品質向上キャンペーン」(期間10月1日~12月31日)のキックオフミーティングを本社で開催した。当日はJR貨物グループ各社、共催する全国通運連盟、鉄道貨物協会のほか、荷主企業など関係者約140人が出席した。 同キャンペーンは今回で7回目。新たなスロ

◆…味の素物流が冷凍バンセミトレーラの運行開始
◆…カシオ計算機が「サプライチェーン統轄部」新設
◆…昭和シェルと出光が出荷基地の相互利用を開始
◆…伊藤忠食品がロジスティクス本部内で組織変更
◆…国交省がドローンの貨物輸送を本格検討
◆…インタビュー 拠点増設でチルド物流を再編
    パルシステム連合会 商品管理本部 物流部長 桑原 修氏
◆…8月の有効求人倍率、ドライバー職は2・75倍に
            新規求人倍率も3・52倍と伸長
◆…FLの9月コンテナは11%増、国際貨物は39%の増加
◆…ヤマト運輸とトヨタ部品三重共販が三重で遠隔地への配送を共同化
◆…ヤマト運輸と長電バスが長野県初の「客貨混載」開始
◆…富士ロジテックが物流拠点のスペースを2倍に
◆…キリングループロジが採用予定者を招き現場見学会
◆…ズームアップ 海コン業者の待機実態、記録により可視化
◆…ルフトハンザ・カーゴが4年ぶりに関空~フランクフルト便再開
◆…ラックランドが冷凍冷蔵設備工事を竣工
◆…東京団地倉庫が平和島倉庫の壁面デザイン画を拡充
◆…キルギス政府関係者が施設を見学=ヨコレイ