メニュー

第4606号

インタビュー  日本郵便 執行役員副社長 諫山 親氏
  「料金交渉は例外なくすべての大口顧客が対象」
  「将来“toC領域”でシェア5割を実現する」

石井国交大臣が時短へ向け計画策定を要請

石井啓一国土交通大臣は20日、国交省に全日本トラック協会の坂本克己会長、日本バス協会の三澤憲一会長、全国ハイヤー・タクシー連合会の川鍋一朗会長ら業界団体トップを呼び、長時間労働の是正に向けた取り組みを加速するよう求めた。 この中で石井大臣は「運送業界では長時間労働を背景に、ドライバー不足が深刻化している。将来の担

新潟輸送、亀田製菓が製品輸送のパレット化を推進

亀田製菓グループの物流子会社である新潟輸送(本社・新潟市江南区、髙野洋一社長)は製品輸送のパレット化を進め、トラック積卸し時間の短縮に取り組む。従来、大型トラックの積込みには240分が掛かっていたが、現在は120分まで短縮。目標とする100分の達成に向けては、親会社の亀田製菓と連携して、在庫配置の見直しを含めた物流改善

◆…経団連が商慣行の是正に向け共同宣言
      長時間労働是正へ、物流団体も参画
◆…NTTロジスコが10月から組織変更、「サービス本部」新設
◆…三菱ケミカル物流がベトナムで現地法人を設立
◆…スズケンが医薬品物流で国際規格を取得
◆…関西スーパーが10月から物流子会社の社名を変更
◆…ヤマトHD、JTB、パナソニックが訪日客の手ぶら観光支援サービス
◆…ヤマト運輸が「スーパーフルトレーラ25」を導入
◆…中国日通がカザフスタン鉄道と業務提携
◆…SGLがタカキュー向けに国際一貫物流を提供
◆…郵船ロジスティクスがシンガポールに物流施設を増設
◆…郵船ロジスティクスがベトナム南部に1万㎡超の物流施設
◆…台風で日豊線の臼杵~市棚間が不通に=JR貨物
◆…富士運輸、ドコモなど5社がトラック空車回送削減で協業
◆…インタビュー 秋元運輸倉庫 社長 秋元伸介氏
      「できないこと」を「できる」に変える
◆…大和ハウスが静岡初のマルチ型物流施設を竣工
◆…国交省が小型車による初の自動運転実験
◆…青冷協と倉青協がIoTをテーマに勉強会を開催
◆…全ト協の坂本会長が小此木国家公安委員長を訪問
◆…海老名SAのエスカレータにGマークラッピング=全ト協
◆…物流データ 普通倉庫21社実績(7月)