メニュー

第4596号

第一貨物、ベトナム物流会社と資本業務提携
  LCLとLTL、“混載”による一貫輸送サービス展開

第一貨物、ベトナム物流会社と資本業務提携

特積みトラック大手の第一貨物(本社・山形市、武藤幸規社長)は8日、ベトナムの物流会社「InterLog社」との間で、資本提携を伴う業務提携契約に向けた基本合意に関する覚書を締結した。 10月にも正式契約を結び、2017年と20年の2段階に分けて同社の株式20%を取得する予定。 覚書締結後に会見した武藤社長は「ベ

ズームアップ 危険物物流で協業の動きが加速

危険物物流業界で協業の動きがますます加速してきた。三菱ケミカル物流(本社・東京都港区、福田信夫社長)と日本トランスシティ(トランシィ、本社・三重県四日市市、小川謙社長)は7月3日に合弁会社を設立。日陸(本社・東京都千代田区、能登洋一社長)とエヌアイケミカル(NIC、本社・千葉市美浜区、安晝浩一社長)もこのほど業務提携に

◆…ZOZOTOWNがつくば市に大型物流施設を着工
◆…住友大阪セメント/デンカが物流会社新設でSSを共同利用
◆…ヤマト運輸がクール宅急便の新型車両を開発
◆…西濃運輸が「トラック+鉄道」でリレー輸送
◆…佐川フィナンシャルが輸入関税等立替サービスを提供
◆…日通インドネシア物流が「電機・電子関連」ライセンス取得
◆…日本郵便が「ポンパレモール」で拠点受取サービス
◆…国交省、ヤマトなどが新型航空保冷コンテナを開発へ
     コールドチェーン確立で農産品・食品輸出を拡大
◆…インタビュー 川西倉庫代表取締役社長 若松康裕氏
                専門性の高い倉庫に特化
◆…四日市ケミカルステーションが来秋メドに事業開始へ
◆…ひと 東ト協海コン専門部会長 菊池秀章氏
     長時間待機解消へ国交省が整備した仕組みも活用
◆…東海運、トマト工場の拡張工事が完了
◆…IACTがパレットビルディング競技会開催
◆…横浜はしけ協組がリーファーコンテナの輸送を拡大
◆…GLPが物流施設「GLP新座」を開発
◆…三菱地所が米国で3つの物流施設を開発
◆…住友ゴム工業/17年2Q決算、主力のタイヤ事業が堅調
◆…フルタイムシステムが宅配ロッカーを飛島建設に設置
◆…国交副大臣に秋元氏と牧野氏が就任
◆…フェデックスがフォワーディングの日本法人設立
◆…特積みトラック各社の海外進出状況
◆…小学生が物流現場を体験=佐川急便