メニュー

第4579号

全国通運連盟、新会長に渡邉日通会長が就任
  「物流を新たな時代にマッチした形に変えていく必要がある」

全国通運連盟、新会長に渡邉日通会長が就任

全国通運連盟は9日、都内で通常総会を開催し、川合正矩会長に代わる新会長に渡邉健二氏(日本通運会長)を選出した。総会終了後の懇親会で挨拶に立った渡邉新会長は「当協会の最大の使命はモーダルシフトの促進であり、今後もJR貨物との連携を強化してお客様に選ばれる高品質な輸送サービスを提供していく」と述べた上で、「ただ、会員の多く

ズームアップ 「日本の酒」輸出拡大へ好機

日本酒やワインといった日本産酒類の輸出促進に好機が訪れている。10月1日から、訪日外国人観光客(訪日客)が酒類製造場で購入した酒類にかかる酒税の免税制度が開始されるためだ。まずは、国内各地域で“酒蔵ツーリズム”を通じた訪日客による消費拡大が見込まれるが、中長期的には日本産酒類の認知度向上による輸出促進にも期待が寄せられ

今が「改革・改善」のチャンス=大ト協/総会

大阪府トラック協会(辻卓史会長)は9日、総会を開いた。辻会長(鴻池運輸)は、「労働力の確保をはじめ諸問題の解決・改善に努め、業界に課せられたライフラインを支える重要な役割を果たしていく」とし、「新聞、テレビ等で連日トラック業界の厳しい実態が報じられ、世間から注目され理解も深まっている。従って今が『改革・改善』のチャンス

◆…コープネット事業連合が「野田船形物流センター」稼働
◆…日本通運がサントリー向け配送センターを拡充
◆…日通/5月の鉄道コンテナ、14万3418個で5ヵ月連続プラス
◆…SGHが株主総会で決算期変更を承認
◆…インタビュー  日本石油輸送 社長 森田公生氏
     海外事業を「第5の柱」に
◆…住友倉庫がAEO通関業者に認定
◆…上組がカンボジアの港湾公社に出資
◆…日本オイルターミナル/17年3月期は4%増収
◆…マルソー・トランスポートが中落ち伸縮式マルチトレーラ導入
◆…キューネ・アンド・ナーゲルが請求書にCO2排出量を記載
◆…特積みは5ヵ月連続プラス =国土交通経済2~4月
◆…天気予報活用で省エネ物流実現=日本気象協会
◆…日貨協連/総会、新会長に吉野雅山氏が就任
◆…交通事故防止策を継続強化=千ト協/総会
◆…倉青協/総会、池田氏が新会長に就任
◆…危険物輸送で積み下ろし時のドライバーの安全確保へ
◆…CPDが千葉県松戸市で物流施設開発
◆…関東運輸局が物流の魅力PR、26日に「物流シンポジウム」
◆…物流連が中学生に「物流講義」提供
◆…キャリーテックが運送マッチングサイトを開設
◆…世界最大級のコンテナ船が進水=今治造船